自分らしく

幸せな時間を体験できる名演奏

時を経ても感動的な音楽

古くても色あせない音楽があります。クラシックの名曲は、数百年を超えても人々に感動を与えてくれます。数十年前のポピュラー音楽にも、輝きを失わない多くの名曲があります。

かつて、ビートルズのポール・マッカートニーは、「モーツァルトを聴くように、百年後にはみんながビートルズを聴いているだろう」と語りました。時を超える感動的な音楽は、過去の偉大な作曲家や演奏家との出会いともいえます。

天才ジャズ・トランペット奏者の名演奏

ジャズの歴史にも、色あせない名盤や名演奏があります。トランペット奏者クリフォード・ブラウンが残したアルバム『ウィズ・ストリングス』もその一つです。

ジャズのトランペット奏者であったブラウンが、9人の弦楽器奏者から成るオーケストラと共演した65年前の作品です。

ブラウンは、若くして天才と評されたジャズ・トランペット奏者です。正統派のジャズ演奏家でしたが、この作品では親しみやすいポピュラー楽曲を演奏して幅広く人気を博しました。

包容力のあるトランペットと、繊細な弦楽器の調べが一体となった名演奏。ブラウンの吹奏は、豊かな音色で味わい深い魅力を伝えています。

ブラウンがこの作品を録音したのは24歳のとき。その演奏からわずか1年半ほど後、彼は交通事故で帰らぬ人となります。演奏家としてのキャリアは、わずか3年ほど。彼の残した演奏は今でも、ジャズの世界で歴史的な偉業と称えられています。

歌うようなトランペットの音色を聴くと、クリフォード・ブラウンが目の前で演奏しているようです。時間を超えて、幸せな時間を体験できる名演奏です。

Author profile

浅井 祐二
浅井 祐二
ガラス・メーカーや外資のブランド会社に勤務し、現在は宝飾会社のアドバイザーを務める。
愛好するスムーズ・ジャズの素人ブログを発信している。

プロフィール