人生会議(ACPアドバンス・ケア・プラニング)について考えてみませんか

吉本の芸人さんを使った厚生労働省制作「人生会議」のポスターが炎上した一件について、全国のがん患者団体の連合体組織、一般社団法人全国がん患者団体連合会と、日本緩和医療学会の連名による意見書が出されました。

人生会議とは「もしものときのために、本人が望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のこと」(厚生労働省ホームページより)とされており、いわゆる「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」のことを指すとされています。

患者、家族、遺族の立場から、ACPについて議論することを考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

一般社団法人 全国がん患者団体連合会(全がん連)