皆さん、よく眠れていますか? そう言われると「寝つけない」「夜中に目覚めてしまう」「朝からダルい」という人もいるかもしれません。今回のテーマは、『寝ても寝ても疲れがとれない。その理由』です。

というのは、よくこんなお悩みをお聞きするからです。
「寝ても寝ても疲れがとれません。短い睡眠時間でも、スッキリと目覚めたいです」

なぜ、しっかり眠っても疲れがとれないの?

それは、睡眠には質(種類)があるからです。体を休めるためには十分な睡眠時間をとることは当然大事ですが、「睡眠の質」も大事なのです。たとえば「短い睡眠時間でもすっきり目覚めた」という場合は、「質の良い睡眠」をとることができていると考えてよいでしょう。

「質の良い睡眠」って、なに? 

それは「黄金の90分」と言われる睡眠です。この90分で、成長ホルモンが1日に分泌される量の70〜80%が分泌されます。成長ホルモンとは細胞を修復・再生し、抗酸化(若返り)作用もある私たちの体を守るスーパーマン的な存在です。その成長ホルモンが、1日のなかで最も分泌されるのが黄金の90分です。

成長ホルモンが分泌されるのは、いつ?

それは眠り始めから最初の90分です。つまり、「眠ってから最初の90分をしっかり眠る」ということが、「黄金の90分」をゲットすることになります。人は眠り始めてから最初の90分に最も深い睡眠ステージに移行し、脳が最も休むことができるのです。

では黄金の90分はどうやってゲットするのでしょうか? それは「眠る直前に何かをする」のではなく、「朝起きてから夜眠るまでの行動」が大事なのです。大切なのは、毎日同じ時間に起きて、同じ時間にご飯を食べて、眠ること。規則正しいリズムに勝るものはありません。しかし、「つい生活リズムが乱れてしまう」ということもありますよね。

不規則な生活リズムになりがちな現代人が良質な睡眠をとる方法

人によって取り組むべき方法は異なりますが、今回はほぼ全ての人に共通する3つのコツをご紹介します。

(1)午前中にたっぷり朝日を浴びる
(2)軽い運動(夕方〜19時ごろ)
(3)就寝90分前に40℃のお風呂に15分

この3つについて「もっと知りたい!」という方は、次回のコラム『ぐっすり眠る3つのコツ』をご覧ください!