poem【詩】

セイタカアワダチソウ

だんだん色のなくなる
空き地の草むらから
ぶくぶく
頭をだしている
セイタカアワダチソウ

へやにつれてきて
大きめの花びんに
さしてみたら
テーブルはふくふくと
小春日和