人それぞれ治療方法が違うのは、人それぞれ、がんが違うから

〈乳がん〉が見つかったら治療を受けることになります。ただ、治療はがんの進行度や性質によって、患者さんそれぞれ異なります。 私も〈乳がん〉とわかって周りの体験者に聞いても、あまり参考になりませんでした。がんのタイプが違って、治療方法が異なったためです。

〈乳がん〉の性質って?

がんの性質は5つのサブタイプと言われる種類があり、悪性度の高いものからおとなしいタイプのものまで分かれています。ホルモン受容体、HER2タンパク発現、がんの増殖能力(Ki67)によって、次の5タイプがあり、推奨される薬物療法の内容が異なります。

①ルミナルA型
②ルミナルB型(HER2陰性)
③ルミナルB型(HER2陽性)
④HER2型
⑤トリプルネガティブ

がん細胞が女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの刺激を受けて増殖する可能性があることを「ホルモン感受性あり」といい、ホルモン受容体にくっついて増殖を促進します。

同じ〈乳がん〉でも、比較的おとなしいものから悪性度が高いものまで、その性質はさまざまです。ホルモン受容体(ホルモン感受性)の有無、HER2タンパクの過剰発現の有無、がん細胞の増殖能力を示す指標Ki67によって5つのサブタイプに分けられ、推奨される薬物療法の内容が異なります(下表)。

ホルモン受容体陽性の〈乳がん〉は「ルミナル(Luminal)タイプ」と呼ばれ、がんの増殖能力が低い場合は「ルミナルA型」、高い場合とHER2陽性の場合には「ルミナルB型」に分類されます。 Ki67は増殖する細胞核に多くみられるタンパクで、Ki67の発現が高いほど増殖能力と悪性度が高く、抗がん剤が効きやすい特徴があります。

※なお、Ki67値の高低については一定の基準はなく、現在、研究が進められています。

〈乳がん〉のサブタイプ分類

「乳がん 受診から診断、治療、経過観察の流れ」 国立がん研究センターがん情報サービスを参考に作成

*キャンサーネットジャパン 小冊子『もっと知ってほしい乳がんのこと』
https://www.cancernet.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/10/w_nyugan20181108.pdf

抗がん剤しか選択肢がなかった

私はホルモン受容体もHER2も陰性のトリプルネガティブだったため、抗がん剤しか選択肢がありませんでしたが、悪性度と増殖力が高く、「むしろ抗がん剤が効きやすい」と言われました。主治医を信じて、〈乳がん〉が確定した日から約2週間で抗がん剤治療がスタートしたのです。