自分らしく

想庵にて〜2019. 秋〜

秋の想庵

今年は9月を過ぎても、厳しい暑さが続きました。地球温暖化が急速に進んでいるようで、心が痛みます。

さて、想庵もようやく秋の装いとなってきました。桔梗、萩、ススキ、シュウメイギク、吾亦紅…。秋草の風情はなんとも嫋やかで、涼しい風に揺れる姿を見ていると、しっとりした心持ちになります。

季節と人生

春の若々しい華やかさ、夏の力強さ、そして秋のしっとり落ち着いた風情と続く季節のめぐりは、人の一生に重なるような気がします。秋草を見ながら自分のこれまでの人生を振り返ると「今、私は秋なんだな」としみじみとします。四季折々の風情を楽しむように、自分の年齢を楽しんでいきたいと思います。

「文庫」

月に一度、想庵で文庫を開くようになりました。たまりにたまった本がそのままになってしまうのが忍びない、と考えついたのです。文庫といってもささやかなもので、毎月テーマを決め、それに関する本を数冊出し、友人たちと一緒に見たり、読んだりして感想を言い合うというものです。

9月のテーマは、「江戸琳派の絵師 酒井抱一」。秋草の絵が特に素晴らしいので、この季節にぴったりでした。

サポーター

みうら ゆきこ
みうら ゆきこ
元高等学校教諭。
現在は都内の病院のがん情報センターに勤務、がん患者サロンの運営に携わる。
一方、日本舞踊、江戸小唄をはじめ日本の伝統文化をこよなく愛する生活を送っている。

プロフィール